ナースの転職活動は1月からで大丈夫⁉1月からの注意点4つ解説

2020年1月20日

本日の商品『1月の転職は注意もいっぱい⁉』

スポンサーリンク

こんにちは。いらっしゃいませ!
当ストア店長カインドネスです。
転職に使える商品を品揃えしております。

今回の入荷の品は、お客様のこんな疑問を頂いたのがきっかけです。

転職したいナース

1月って皆さん転職始めるけど、本当にこの時期に転職活動するのがいいのかな?

ハイ!有難うございます。

1月は看護師の転職エージェントをしていた時の話ですが、看護師を急募している!という法人や、早く転職したい!という看護師が急激に増えてくる月でした。

転職エージェントとしてはお仕事を貰えるわけですので、嬉しい悲鳴なんですが、、転職を考えている看護師には注意をしないといけない点があるな。と常々思っていました。

なので、今回は1月の転職活動は危険がいっぱい⁉気を付けないと失敗しちゃう4つの注意点をご提供させて頂きます。

注意1】:求人数は増えるが〇〇も上がる

まずは、、これですね。
〇〇は何かというと、、

1月_転職活動_注意点_求人倍率_高い

ハイ。有難うございます。
という事です。
少し考えるとわかると言えばわかる事なんですが、『1月』は多くの看護師が転職しようと動く時期になります。(ほかの業界もそうですが。)

簡単に解説すると、転職の流れはこんな感じです。

①退職検討
 ↓
②退職の相談を上司or院長に相談。
 ↓
③法人は人がいなくなるので、募集を掛けないといけない
 ↓
④人材紹介会社に依頼を掛ける

そして、人材紹介会社の求人サイトには多くの新しい求人が掲載されていく。。これが1月あたりになると、どの法人でも発生してくるわけですね。

1月_転職活動_注意点_求人_掲載数_多くなる_法人依頼_1月のスパイラル

他の業界を詳しく知っている訳ではないですが、看護師の転職市場もこの時期あたりから賑わってくるという事ですね。

では、看護師目線で少しお話をしますと、求人が多くなるから1月は転職しやすくなるんじゃないの!?と思われる方もいらっしゃると思います。

所がどっこい、そうもいかず。この時期は求人数だけでなく、転職をしようとする看護師も多くなるので、必然的に倍率が上がってしまうんですよね。(先ほど書いた【1月のスパイラル】がそれです。)

全部の法人が倍率上がってしまう。。という訳ではないのですが、人気な法人は応募も多くなるので、採用担当は人を選んできますよね。

大前提として、看護師の人材は足りていないので採用の門戸は比較的大きいはずなんですが、時期によっては狭まる可能性がある。という事なんですよね。

受かると思ってたのに、落ちた。。という心当たりがある看護師の方がおりましたら、もしかしたらこの時期問題に当たっちゃっている可能性はありますね!


店長の一言レビュー

店長K

もし、あなたが行きたい法人が決まっているのならば、誰しもが転職で動くタイミングに活動するのは間違いかもしれません。賞与などの兼ね合いもありますが、、時期をずらしてみると(例:5月や12月)また違った結果になるやもしれませんよ。
多分賞与よりも大事な事あるはずです!




スポンサーリンク

-【注意2】:エージェントの対応時間が短くなる(面接同行もないかも)

これは、元転職エージェントとしては心苦しい問題だったんですが。。実際起こりえる事ですね。

注意点①でも書きました通り、この1月からは求人サイトに登録される看護師の方が多くなります。
そうなると、エージェントは以下のような流れになります。

登録数が増えると、転職エージェントが担当する看護師の人数が多くなる。
看護師1人1人に掛ける時間は必然的に少なくせざる負えない。
面接の同行や、時間のかかる対応はできなくなる。

というような事態が1月あたり(あと9月とかもですかね。)から発生してしまいます。

1人で面接先に向かうのが不安という方や、時間掛けて綿密に考えていきたい!という方は、1月に転職エージェントサービスを使うのは注意した方が良いかもしれませんね。

サイトによっては、元々同行しない。求人提案だけのような所もありますので、これもご注意を!

補足ですが、この時期に忙しい転職エージェントというのは、腕が良いエージェントと社内で評価されているはずです(詳しくはまた別の機会に。)

しかし、腕が良いエージェントが

1月_転職活動_注意点_転職エージェント_対応時間_短い_面接同行_しない_凄腕エージェント_あなたに合うエージェントか_別

腕が良いというのは結局は【社内の評価】なので。自分に合ったエージェントを見つけるのが大事ですね。


店長の一言レビュー

店長K

そもそも、転職エージェントに頼りすぎない!という心構えを持って挑みましょう。転職するのも、働くのも自分なので、人生は自分で作っていく!という気持ちが大事ですね。それでも、相談事をしていきたいというのであれば、はっきりとトータルサポートしてほしい!とエージェントに伝えましょう。
それでも動いてくれないエージェントなら、すぐに変更しましょう。




スポンサーリンク

-【注意3】:退職と入職の時期問題

次にこの問題ですが、、転職エージェントの時から多く相談頂きましたね。恐らくナンバー1のご相談事項ではないでしょうか⁉

特にこの1月というのは、この退職時期と入職時期の調整相談が多い事多い事。

まあ、仕方ないんですよね。退職法人は新しい人がまだ採用決まってないから決まるまで残ってほしい。入職予定の法人はオリエンテーションや人員確保を確実にしたいがため、早く来てほしい。押しの弱い看護師ならどうしていいかわからなくなりますよね。。

最大限、転職エージェントも入職時期の調整はしてくれますが、そのままなし崩しに

1月_転職活動_注意点_退職時期_調整できない_デメリットしかない

特に気を付けた方がいいですね。

これは、、ただただ損しかありませんので
自分でこれからの可能性を潰すような事が無いように、できれば事前に退職交渉はしておくことをお勧めしておきますね。


店長の一言レビュー
  まず前提に退職の意思通達の規則はです。

就業規則で定められている期間「2週間~1カ月」
就業規則で定められている期間は1カ月が一般的です。

転職のリクルートエージェント、転職成功ガイドhttps://www.r-agent.com/guide/article3612/
店長K

もっと早く言って貰わないと困る。。等言われる場合があるようですが、それはただただ法人の都合なので気にする必要はないですよ。無視でいいです。それでも退職できるかが不安。。という方は事前にその旨を転職エージェントに伝えておく。
伝えたうえで交渉可能か等を確認しましょうね。




スポンサーリンク

※【注意4】:焦らされていないですか?

これは、私が元転職エージェントとして自戒の念も込めてお伝えする事なのですが。。

この時期というのは①②でも書いた通り、転職を考える方が多くなる時期です。確実に転職する!という方もいれば、転職をふわっと考えている方もおります。

そのふわっと転職を考えている看護師に対してですね。。転職したくさせる動きを取る場合がある。というか取っているんですよね。

これは、会社という組織に所属する以上しょうがない話でしてね。転職エージェントは看護師に寄り添う、と言ってもビジネスマンな訳です。

1人でも多くの看護師に転職してもらう事が自分の結果につながるので、そのような動きを取ってしまうんですよね。

そういった場合に良く、エージェントが使う言葉があります。
下の言葉は気を付けるようにしてください!

1月_転職活動_注意点_転職エージェント_焦らされていないか_注意する言葉_今しかない_限定求人_優先オファー_早くしないと埋まる_今後出ない

こんな甘くて、急を要する言葉を使われてしまうと、動かなきゃ!と思ったりしてしまうかもしれませんが、

1月_転職活動_注意点_転職エージェント_焦らされていないか_一度立ち止まって考えてみる

『本当に今動くべきなのか。』『本当に今しかないのか。』などでしょうか。焦って動いてもろくな転職にはならないので、そこは覚えておいてくださいね。

PS:元転職エージェントの自戒も込めた言葉です。


店長の一言レビュー

店長K

前のめりにならず、冷静になりましょう!
本当に限定求人なのかを他のサイトも駆使して確認とるのがよいですね。
そもそも、「限定」や「優先」という言葉は信じないで良いと思います。




今回の転職活動は1月から⁉ この時期の注意点4つ解説。はこれにて商品解説終わりです。

何か疑問点あれば何でもお問い合わせくださいませ!

ではまたのご機会に。

スポンサーリンク

あなたにおすすめ商品

スポンサーリンク

お問い合わせある方は下をお願い致します。