看護師の働き方はどうなっていく? 個人が稼げる時代到来!

2020年1月9日

今回の記事

スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。今年は皆様に知って貰える年にしたいカインドネスです。どうぞ宜しくお願いします。


ついに2020年ですね!東京オリンピックを控えた本年は、日本はどうなっていくのでしょうか。私は大きな変化がある年だと思ってますよ。
働き方にしろ、経済にしろ、2020年8月以降は波が来るのではないでしょうか。
波に乗れれば大きな飛躍となるだろうし、飲まれれば取り残されるかどこかに流されてしまう、個人の考え方や動きによって大差が出る時代が来ると、わたしは予想しておきますね。

そんな時代に取り残されない為!と言っては何ですが、これからの働き方の重要なポイントを、看護師の働き方目線でも考えつつ本日はお話致します。

題名にも書いておりますが、キーワードは『個人が稼ぐ時代』です。私の気になったニュースや見解も踏まえてご紹介しますね。

この記事が新たな気づきとなるキッカケとなれば嬉しいですし、誰しもが飛躍の年となる事を願っております。
では、どうぞ。

気になるニュース

まず、去年ですが、こんなニュースを目にしました。

労災認定、副業の時間も合算 新制度、勤務実態反映 政府、来年度にも法改正へ

産経新聞: https://www.sankei.com/economy/news/191223/ecn1912230015-n1.html

これはですね、本業以外の仕事は『労災認定』の 1日8時間、週40時間を超える残業に含まれなかったのですが、これからは副業も含めた時間で判断しますよ!という事です。

年々副業や兼業(複業)、フリーランスといった働き方が増えているから国も動いているのでしょうね。(具体的にどのように管理するかは不明ですが。。。)

あと、こんなニュースも1月7日にありました。

副業支援、新興勢が台頭 エンファクトリーなど
副業の紹介や契約を支援するスタートアップ企業が増えている。

日本経済新聞: https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54092730W0A100C2TJ1000/

これは本業は人それぞれに、サラリーを得ている人向けの『副業紹介サービス』をリリースしている企業が増えているという事ですね。

他にも上記のような、副業や複業に関わるニュースは多く特集されていますよね。 あとyoutubeやSNS等にも【稼げる副業!】といったコンテンツも多く上がっているのを見かけます。 どこかに何かの記事は載っているので、小耳に挟んでいる方も多いのではないでしょうか。

このように、日本としても企業としても、人材が不足している世の中なので、働き手の確保として『人材のシェア』というようなイメージでしょうか。副業・複業などの働き方が注目されているのがわかりますよね。

じゃあ、改めて副業・副業といった働き方はどんなものだろうか?という方もいらっしゃりますよね。
もちろん解説させて頂きますね。知りたい方は下へどうぞ。


スポンサーリンク

副業・複業・フリーランス

では、簡単に『副業』『複業』『フリーランス』について解説をしていきます。

・副業
  ⇒副業は本業以外の仕事。形態はアルバイトやパート問わずの働き方ですね。現代の日本社会では、緩和されつつあるもまだまだ副業禁止を規則としている会社も多いです。内容は株式、WEB系、アルバイトなど何でもあり。空いた、空けた自分のリソースで収入を得る働き方というイメージです。
・複業
  ⇒複業は兼業と大体同じ意味です。意味としては『複数の仕事を持つ』こと。副業との違いは、労力や時間を本業と同等に持つことですね。片手間ではなく、本気で取り組んでいる収入源であるのが『複業』となり得るのではないでしょうか。会社勤務の人は中々実現しづらい働き方とも言えます。
フリーランス
  ⇒これは特定の団体に所属せず、自らの働きかけで仕事を得ていく働き方ですね。自由業とも言いまして、法人化する場合もありますが、大体は個人事業主という形式をとるのがほとんどです。エンジニアの方々に多い働き方ですね。時間や場所を選ばないのが魅力な働き方だったりします。

簡単な解説としては以上です。もし、わからなければ何でもお問い合わせ下さいませ。


スポンサーリンク

これから時代はどうなるだろうか?

では、上記の事を踏まえてこれからの時代はどうなるか。もう答えは言っているようなものですが、『一社で定年雇用』という働き方が終わり、『個人のアイディア次第で稼げる時代』に変わろうとしていると私は考えます。

悲観的な言い方をすると、『終身雇用制度の崩壊』等と巷では言われていますね。ある一定の年齢層の方からすると、にわかには信じがたいのかもしれませんが、じわじわと『日本式』ではなく、いわゆる『外資系』の雇用制度に変わっていくでしょうね。そもそも、会社というのは営利を追求する組織であるので、しょうがない流れだとも私は思います。

ただ、安定というモノが無くなるという事は、もう終わり。。と不安に思われる方も中にはいると思います。しかし、そのように悲観する必要はございません。捉え方を変えてみれば『個人の活躍できるチャンスが広がる時代』ということです。

今まで通り一社に所属して、月々の給与と賞与を貰う生き方は安定しているとは思います。その中で昇進や昇給していけば、喜びもあるでしょう。しかし、得られる『生涯獲得賃金』というのは天井が決まっています。価値観は人それぞれですが、獲得金額を増やせるなら増やしたいと思うはずです。そのチャンスがわざわざ時代の方から来てくれたという事です。

だったら、このチャンスに思い切って新たな収入につながる分野に飛び込んでみる。というのも良いのではないでしょうか。人生、お金が全てでは無いですが、あればより豊かな生活が送れますからね。

一つ注意点を申し上げるとしたら、終身雇用がなくなる可能性が有るからと言って、最初からフリーランスや複業に飛び込むのは止めておいた方がいいですね。

最初何かを始める時というのは、本業というセーフティネットに影響が無いように、自分の興味のある事・無理なく楽しめる分野を基準にして試していくのがよいでしょうね。それこそ、『副業』という働き方からスタートするのが良いですね。何事も始める時は「スモールスタート」というのが大事です。

そんな時代は思っているよりすぐそばに迫ってきているかもしれませんよ。(youtube等の普及が良い例ですよね。)

最初の一歩は小さくても構わないので、何かを始めてみるというのが、これからの時代【他者と差をつける大きな一手】に繋がると私は思います。


スポンサーリンク

これから看護師の働き方はどうなるのか?

では、このブログの趣旨でもある、看護師(コメディカル)の働き方としてはどうか。ですが、私は医療業界への浸透はまだまだ先だろうなと思います。転職エージェント時から思う事ですが、医療業界は一般企業よりも古い体制のまま運営している所が多いです。あくまで私が感じた事ですが、転職時の面接方式や履歴書等の書き方が旧態依然というか。。そもそもが保守的な日本企業より古いと思うので、よっぽどだろうなと。

なので、このような考え方は医療業界にはまだ期待しない方がいいですね。

ただ、実際の看護師の働き方としては『副業』『複業』『フリーランス』という働き方は浸透しているのではないでしょうか。夜勤バイトや派遣などが良い例ですよね。【命を守る】という仕事の性質上、自己管理をシビアに考えなければいけませんが、世が世という状況なので、これまで以上に上記働き方は普及するのではなかろうかと思っています。


スポンサーリンク

看護師の働き方ももっとフリーな時代到来!

私の見解ですが、看護師という資格は副業』『複業』『フリーランスという働き方にとても相性が良いと考えています。実際、転職エージェントの時から『副業』のお問い合わせは多くありましたし、レアパターンなのかもしれませんが、起業するためのつなぎとして看護師のお仕事を探されている方もおりました。

看護師は前提として『国家資格』で、専門職です。いないと成り立たない職業で絶対的に必要とされるポジションです。しかも、現代日本の状況は圧倒的な看護師不足。。(介護も同様ですが。。)状況が状況なので、看護師及び介護士系の転職市場はいつも売り手市場。という事は、想像力次第で看護師の働き方というのは創れるし選べるし困らない、と私は考えています。

よく転職エージェントは副業・パート・派遣といった働き方を、転職の際は職歴を汚してしまうとか、常勤で勤めていないと見え方が悪いと言います。(当時は私もそのように言っていました。。)しかし、それは果たして本当でしょうか。確かに倍率の高い職場であれば難しい場合もあると思いますが、業界として人材不足であるのは変わりません。これからの時代を考えたときに、【常勤】いわば正社員にこだわり続けるのはもはや時代遅れなのかもしれませんね。

このように、看護師という資格はとても市場価値が高い職種であり、良い言い方ではありませんが【食いっぱぐれの無い】お仕事です。副業や複業等を始める上でのセーフティーネットとしての役割を十分担う仕事だと考えています。

仕事の道や考え方は人それぞれだと思いますが、もし医療以外で自分の表現したい事があるのなら、私はどんどん挑戦した方が良いと思いますね。「人間という生き物」や「命」と向き合わなければいけない大変な仕事ですので、疲れない程度に付き合っていくためにも『副業』『複業』といった働き方は選択肢になり得るのでは?と思ったりします。

アイドルでも良いし、医療に関わりある別の仕事でも良いですし、表現のお仕事や投資、今風で言うとYoutuberなんかも良いですよね。某大手通信企業のCMでは無いですが、『生き方は人それぞれであり、自由だ!』がこれからのキーワードなんじゃないでしょうか。

それが結果的に、医療業界の人手不足を補う、『潜在』ではなく『顕在』看護師の増加に繋がればいいなと思ったりしたので、本日はツラツラと書かせて頂きました。


スポンサーリンク

まとめ


今回の【看護師の働き方はどうなっていく!? 】はこれにて終わりでございます。
次は、この記事を踏まえた上で、気になる事を書いてみようと思います。
では、またのご機会に。

スポンサーリンク

看護師の新しい働き方看護師,新しい働き方,副業,複業,フリーランス,自由

Posted by kindness