上京する看護師へ。大事な『住』に関するポイント3つお届けします

2020年3月27日

本日の商品『上京時の大事なポイント【住】』

スポンサーリンク

いらっしゃいませ!
『すぐ、そこ』にあるカインドストアですよ。
さて、本日は3月ならではのリクエストを頂きましたよ。

上京予定
ナース

新しい生活はワクワクするけど、不安もいっぱい。
気を付けた方が良いことあれば教えてほしいな~。

ご質問有難うございます!
承知しました。

本日のご紹介は『上京する方向け!住む場所の大事なポイント3点』でございます。

新生活は楽しみ反面、疲れもでますからね。
住む場所は特に重要ですよ。

内容はできるだけ疲れない生活を送るためのポイント3点です。
是非ご覧下さいませ。

3つ見るのが面倒!という方はこちらの『解説詰め合わせ』をどうぞ♪

ラインナップは下図参照してくださいね♪

-【ポイント1】:住む地域はどうだろう?

ポイント①

住む地域は基本中の基本ですね。
地域を知れば、自分がどこと合うかもわかると思いますよ。

東京を例にして、地区の傾向を私の独断と偏見ですが下に書きますね。

例:東京の地区と傾向

①豊島区 :池袋は若者or埼玉県民が多い。巣鴨や大塚は比較的落ち着きがある。
②新宿区 :世界一のターミナル駅周辺。若者は多い。治安は微妙。賑やかで便利。
③足立区 :下町だが北千住周辺に大学が増えた事により、若者の街の様相もある。
     :治安はまだまだ発展途上。
④葛飾区 :下町。安いお店も多くある。治安はそこまでだが人情味がある街。
⑤江戸川区:下町。水の街。インド人が多い。
⑥港区  :お高い街。周りがすべてお高い。
⑦世田谷区&目黒区:人気な地区。住みやすい。電車は大変。
⑧中野区&杉並区:人気な地区。中央線の各駅それぞれ住みやすい。電車は大変。

上記は一部例ですので、他の場所が気になる方はネットで調べてみてくださいね。

(こちらの記事!にも参考情報ありますよ。)

憧れでここに住む!よりは自分の心が落ち着く場所を選ぶのが疲れないコツですよ。


店長のレビュー

店長K

住む地域選びは決まった職場の場所次第だとは思いますが、
出来るだけ治安が良い場所・ルートを選ぶのが大事ですよ。

家から職場への道のり近場の住宅地近隣の治安はどうか等。
自分の目だけではなく、他者の目線も交えて確かめるとより良いですね。

怖い経験をしてしまうとせっかくの新生活が台無しなので、
周りの友人や知っている人に相談して決めるのがベストですよ。




-【ポイント2】:最寄り駅まではどうだろう?

スポンサーリンク

ポイント②

これは住居➡駅までの距離についてです。

住む家を選ぶ時、大体の方は家賃を気にしてしまいますよね。
家賃を下げるために、駅までの距離10分以上で~と考える場合もあると思います。

これは長年1人暮らしをしてきた私の経験ですが、、

ですよ。
理由としては…

ですね。

働いているとこういうのが重荷になってきますからね。

看護師の方は朝も早くて夜も遅くなる傾向があるので、少し家賃が高くても徒歩5分以内の場所が良いと思いますよ。

しかも駅近辺であれば商業施設がある程度揃っているので、色々な手間が負担少なく済む点というのもおススメですかね。

これもご参考にしてください♪


店長のレビュー

店長K

・店長の上京経験談
最寄り駅が遠くて生活に不便だとジワジワと疲労が溜まっていきますからね。どの職種も同様にですが、看護師という仕事も身体的疲労・心労ともに溜まる大変なお仕事だと思います。
朝出勤するのに疲れて、家に帰るのにも疲れてしまうと心がどんどん消耗していってしまうはずです。
お金よりも自分の身体を労われる環境を作るのがベストですよ。
私もこの事に早く気づいてれば。。と書きながら思ったりしましたね笑




スポンサーリンク

※【ポイント3】:通勤距離はどうだろう?

ポイント③

これは一番大事なポイントですね。

ポイント②最寄り駅編とも似通う部分がありますが、通勤距離も短ければ短いほど良いと言えます。

都内で働く場合、一番の疲労を生むのが

だからですね。

電車に乗ってみるとわかると思いますが、朝夜はほぼほぼ満員電車となります。

満員の中、数十分以上立ちっぱなしもみくちゃにされるとそれだけでヘトヘトになってしまいますよね。

通勤の負担を無くすためにも、職場の近くに拠点を持つのが疲れない生活を送るためにも大事になってきますよ。

多少家賃は高くとも、

ではないでしょうか。
目先のお金より、先々の代えがたい資産を大切にする!のが私は良いと思いますよ。


店長のレビュー

店長K

・転職エージェント経験談
エージェント時の話ですが、通勤距離の遠さは退職理由としてまあまあ上がってくるポイントでしたね。
今回ご紹介した通り、職場まで遠いと消耗が激しいです。
(これは私自身の経験談としても言えることです。)
看護師の方も例に漏れず消耗が激しいと思いますので、家賃のために郊外を選ぶよりは、職場の近くに拠点を置くのが長く働く秘訣とも言えますよ。




これにて3つのポイント紹介は終わりです。

最後に、今回ご紹介した【ポイント3点の詰め合わせ】も置いておきますね!

スポンサーリンク

【ポイント3点詰め合わせ】

上京する方向け!住む場所の大事なポイント3点

①住む地域の傾向を知るべし!
 例:東京23区(①世田谷&目黒=人気・住みやすい ②葛飾区=下町など)

②家⇦➡駅までの距離は5分以内がベスト!


③職場までの通勤距離はできるだけ短くするべし!
 理想:電車で15分以下



今回のラインナップは如何でしたでしょうか?
住む場所の大事なポイントわかりましたでしょうか。

上京される方だけでなく、転職をお考えの方も是非参考にして見て下さいね。

お仕事探しは以下もご参考に!

サイトはこちら

‐【参考!】求人サイトご紹介

以下のサイトはエージェント選びのご参考に♪

運営:ディップ(株)

運営:レバレジーズ(株)

医療ワーカー

運営:(株)トライトキャリア

運営:(株)ナースパワー

運営:(株)ローザス

運営:(株)カスタマ



あなたにおすすめ商品

スポンサーリンク

お問い合わせある方は下記へお願い致します。

               



スポンサーリンク