基本編! 看護師の資格ごとの活躍の場を紹介します

2020年3月5日

本日の商品!『看護師の資格ごとの職場

スポンサーリンク

こんにちは。いらっしゃいませ。!
『町のホットステーション』カインドストアです。
さて本日は、「看護師のお仕事」について基本のお話です。

匿名B

看護師の資格はどんなものがあるの?
資格それぞれの活躍の場も教えて下さい!

関わってないと意外とわからないものですからね。
基本を知れば色々な事が見えてくるので大事です。

では、本日ご紹介の商品は看護師の資格ごとの職場~基本編でございます。

内容は3つのポイントにまとめております。

看護師の方もそうでない方も是非見ていって下さいね。

3つ見るのが面倒!という方はこちらの『解説詰め合わせ』をどうぞ♪

ラインナップは下図参照してくださいね♪

-【基本1】:看護師の資格一覧&職場

ポイント①
まずは看護師に関わる資格一覧でございます。

基本的な分類としては4つあるので、以下にまとめますね。

看護師に関わる資格一覧

①資格:正看護師
②資格:准看護師
③資格:保健師
④資格:助産師
 ※保健師・助産師は看護師免許が必須です。

という所ですね。
看護師という資格が基本にあり、専門的な分野・職場に進む場合③④のような資格があるようなイメージですね。

次に資格ごとの必要とされやすい職場もご紹介しますね。
以下をご確認下さい。

看護師_職種によっての職場早見表
准看護師_正看護師_助産師_保健師の職場早見表

一応、各種記号の解説もしておきます。

◎:募集枠大いにある資格
〇:募集がある資格
△:募集僅少資格
×:募集無しorほぼ無し資格
-:該当しない資格

以上が資格と職場のご紹介となります。


店長のレビュー

店長K

もし、これから看護師という資格に興味を持っている方いれば、上の資格一覧と職場は参考にして下さいね。看護師になる!という気持ちも大事ですが、なってからどのようなキャリアプランを描いているかはもっと大事ですよ!これを考えられれば、他者と大きな差をつけられるかも!?




-【基本2】: 正看護師・准看護師

スポンサーリンク

ポイント②
正看護師・准看護師について少し解説します。

基本的に正看護師のお資格をお持ちの方であれば、リストの職場はすべて可能性があると言えます。

正看護師という資格は

と言えますね。
上記職場はあくまで一例ですので、考え方によっては活かせる職場もっと有ると思いますよ。

准看護師のお資格についてはすみません。まだ東京での情報しか
持ち合わせておりませんが、

可能性がありますね。

看護基準の関係だとは思いますが、キャリアアドバイザー時に一部の病院や施設系で求人の条件が変更されたのをチラホラ見かけました。

大きく状況が変化する事はないと思いますが、頭の片隅に置いておくと良いと思います。(まだまだ准看護師の求人はありますからね!)


店長のレビュー

店長K

転職エージェント経験談
正看護師准看護師で募集職場に違いがある事はご紹介しましたが、給与も変わってきますからね。基本的には正看護師>准看護師というのが相場です。
ただ、職場によっては資格関係なく給与が決定する場合もあります。
代表例は美容系ですね。何をやりたいかが明確になればとるべき資格も決まると思いますよ。




スポンサーリンク

-【基本3】: 助産師・保健師

ポイント③
助産師・保健師についても解説します。

助産師についてはまた別記事書く必要があると思いますが、助産師として働くとしたらやはり病院・クリニック・助産院がメインですね。公共団体の働き方もありますが、求人数は多い訳ではないです。

保健師は指導や予防に関わる業務に好印象ですね。一般企業や公共団体の健康管理系が職場のメインターゲットとなります。

ただ、企業や公共団体系の職場は、、

と言えますね。
このような職場を目指す場合は保健師ほぼ必須といっても良いのではないでしょうか。(例外ももちろん有です。)

多くはないですが、地域包括支援センターや介護施設も保健師を募集している場合がありますね。


店長の商品レビュー

店長K

転職エージェント経験談
助産師の仕事については、少子高齢化の影響か求人数が少なくなってきていた印象は有りますね。病院であれば産科を閉鎖したり、クリニックや助産院新規求人を見かけなくなったりと。
どちらかというと、現在は老人系の仕事が多く人を募集していましたね。時代の波なので、しょうがないのですが。



最後に、今回ご紹介したポイント【3点の簡単まとめ】も置いておきますね!

スポンサーリンク

【3点まとめ】

看護師の資格ごとの職場まとめ!

①資格の一覧と職場の基本知識はココ見てね!

②正看護師は職場の可能性が広い!

 准看護師は職場が少しつ狭まってきているかも。

③ 助産師は病院・クリニック・助産院の可能性が広がる!
 保健師は一般企業や公共団体の可能性広がる!



今回のラインナップは如何でしたでしょうか?
看護師の資格ごとの職場わかりましたでしょうか。
知らなかった方やこれから医療職を目指す方の参考になれば幸いです。

既に医療の道に携わっっている方は巷にはどのような職場があるかを下調べしておくのもよいと思いますよ。

では、またのお越しをお待ちしております。

下調べに参考はこちら↓

※【参考!】求人サイトご紹介

以下のサイトはエージェント選びのご参考に♪

運営:ディップ(株)

運営:レバレジーズ(株)

医療ワーカー

運営:(株)トライトキャリア

運営:(株)ナースパワー

運営:(株)ローザス

運営:(株)カスタマ



あなたにおすすめ商品

スポンサーリンク

お問い合わせある方は下記へお願い致します。

               



スポンサーリンク